建築家のOff Time ( A-Style #102 2015 June 掲載 )

海邦病院

沖縄県宜野湾市にある「海邦病院」広報誌の、表紙を描き続けて20年。赤瓦の家屋、咲き誇るブーゲンビリア、浜辺にたゆたうサバニ舟など、沖縄の原風景ともいえる光景を、アクリル画で表してきた。「自然にしろ町並みにしろ、沖縄の景観の魅力といえば、原色が強く色彩が豊かなこと。この生き生きとした美しさをうまく表現したいと思いながら、毎回格闘しています」と話すのは、建築家の島田潤”画伯”。広報誌は毎年4回発行。「仕事の息抜き程度に気軽に引き受けた」つもりが方々から評判を呼び、気付けば記念すべき第100号が射程に入ってきた。
建築の仕事と絵を描くことは密接な関係があり、スケッチの上手な建築家は多い。ただし島田さんの場合は、もう少し深いつながりがある。

祖父の島田寛平氏は、戦前・戦後期に活躍した、沖縄画壇を代表する画家の一人。総合美術展「沖展」の運営委員を長らく務め、美術教師として高校で教鞭をとるなど、沖縄の美術界に多大な功績を残した人物だ。「物心ついたときから、絵に囲まれた生活。子供ながらに、目に映ったものや心に感じたことを描き表すという行為は、とても自然なことでした」と振り返る。

「三つ子の魂百まで」との格言通り、島田さんにとって絵を描くことは、趣味というより生活習慣の一部だ。仕事であれプライベートであれ、思い立ったらおもむろにスケッチブックを広げて、ペンを走らせる。時には広報誌の制作時のように、じっくりとキャンバスに向き合うこともある。「広報誌は沖縄らしいビビットなイメージを表現したくて、アクリル絵の具を使っていますが、水彩画でも油絵でも、特に手法にこだわりはありません。以前には設計したホテルの客室に飾る絵画を全135室分、ボールペンでスケッチしたり、ロビーに展示する30号の油彩画を制作したこともあります」。

これまで手がけてきた絵画の中で、最も多いジャンルは建築。島田さんが建築の道を志すようになったのは、「小学校6年のときに東京オリンピックで、丹下健三氏が設計した国立代々木競技場を見て感激したから」。それから約半世紀、CG全盛の現代でも、絵を描く機会は減らないそうだ。「手描きのパースは自分の感覚でトーンに強弱をつけられるので、設計の趣旨や意図をより正確に伝えやすいんです」という。同様に広報誌のイラストも、目にした通りの風景にとらわれることなく「自分のイメージを自由に付け加えています。最近は環境を意識して仕事する機会が増えたせいか、絵の中に南国植物を盛り込むことが多くなりました」。

かつて建築界の巨匠ル・コルビュジェは、午前中は絵を嗜み午後から建築の仕事に取りかかったという。「若い頃から常々、いつかはそんな生き方をしたいと願っていましたが、巨匠の域には到底及ばない(笑)」と話す島田さん。「70歳を迎える頃には…」との希望を胸に、今日も建築の仕事と絵の制作に取り組む。

コンクリートの中に木造を創る ~長く快適に住む家造りを目指して~

沖縄の気候風土は、高温多湿の亜熱帯気候で台風や塩害、シロアリなど厳しい風土環境です。そこに気持ちのよい長持ちする住まいを造るにはどうしたらいいでしょう。

我々が考える住宅は、建物の外側は耐久性のある台風にも強いコンクリートで造り、内部はライフスタイルの変化に応じて組替えやすく、温かみのある木造で造る、コンクリートと木の長所を取り入れたハイブリッドなスケルトン・インフィル住宅です。

例えば2階建ての住宅を建てる場合、コンクリートで2層吹抜けの大きな空間を造り、その内部に木組みで木造空間を造ります。外部は台風、地震に耐え、耐久性の高いコンクリート構造で、内部は木の温もりのあるやさしい木造の住空間が生まれます。

また、快適な住まいを創るには、敷地環境に応じて光と風を最大限に採り入れる工夫をしなければいけません。庇を深く取り、蓄熱しやすいコンクリートは屋上緑化や壁面緑化で緑の緩衝帯をつくり強い熱や光を防ぐ仕掛けが大切です。

 混構造の家

 壁面緑化

住宅で大切なこと

住まいは、建て主と設計者が話し合いを重ねることで、その姿が現れてくるものだと思います。日々の生活で最近興味のあること、家族のことや趣味、自分の生活スタイルや生活観、価値観、何でもいろいろと思うことを素直に設計者に話すことだと思います。もちろん予算のこと、建築材料や構造、最近話題の高気密高断熱住宅や屋上庭園に床暖房のことなどいろいろ。

自然を感じながら生活できる家をつくること。限られた敷地環境の中に、風が流れ、映り行く光を感じる。そういう自然の移ろいを日々感じて生活できる場をつくることを心がけています。

家全体がワンルームの大きな空間で、内と外の空間がファジィーに連続する開放的な空間。家族の気配がどこでも感じられ、光や風を家のすみずみまで満たしたいと考えています。

住宅は20年、30年先の事も考えて設計しなければならないと思います。構造の堅牢な事は当然な事として、間取りの変更に対応できる事、設備のメンテナンスや取替えがしやすい事、また、自然と共生して省エネルギーである事です。時間が経つほど家に落ち着きと味わいが出る様な住宅が理想です。

M-House

名作家具と一緒に暮らす喜び


わが家のリビングで。
至福の時をもたらす2脚のワシリーチェアー。
中央にあるガラステーブルは、
アイリーン・グレイがデザインしたサイドテーブル。

1925年にバウハウスの教授であったマルセルブロイヤーが、同僚で画家のワシリー・カンデンスキーのためにデザインしたワシリーチェアをご存じですか。クロムメッキのスチールパイプに牛革を張ったラウンジチェアです。モダンデザインの黎明期を飾る名作椅子です。

私がその椅子を知ったのは、まだ大学で建築を学んでいる頃でした。その美しさと存在感に心を奪われました。その後自邸を建てたと時には、我が家の居間に置くことにしました。それから20年近くが経ちます。相変わらずその存在感は健在です。そのデザインの秀逸さは眺めているだけで気持ちを落ち着け、心地よい気分にしてくれます。座り心地もパイプフレームに張られた皮の反発感(クッションというより、引っ張られた皮が体重を跳ね返そうとする力を感じる)と座の傾斜が何とも心地よく、アルコールを片手にTVやDVDを観たり、音楽を聴きながら座っていると至福の時が過ごせます。でも、時には洗濯物が掛けられてたり、脱いだ衣類の置き場となることも生活の中では、ままあります。それでもその存在感は、我が家の中で光っています。

私のデザインした住まいのインテリアは、シナ合板の壁に木製のフローリングと、ナチュラルな木の素材を使っていますが、その自転車のフレームから発想したというモダンなスチールパイプの椅子は、不思議に違和感はありません。きっと、完成された美しいデザインが持っている力でしょうか。

暮らしを構成する気持ちよさには、いろいろな要素が必要です。光や風という自然の要素はとても大切ですが、畳の「お茶の間」に代わってフローリングの床が大半を占める最近の住まいでは、ダイニングチェアやラウンジチェアは重要なインテリアのアイテムだと思います。そこは、美しいデザインと座り心地の良さが両立した椅子を選択したいものです。そのためには、本やインターネットで椅子のデザインに関する知識を得て、家具選びをすることをお勧めします。以前に、結婚指輪を給料の何カ月分かで買うことが話題になりました。その何分の一かでこれからの二人の人生に、共に使う椅子を購入するのもいいかもしれません。

最初は値段が高いと感じても、長い間使い続けることができる品質とデザインの完成度を考えると納得がいくものです。気に入った美しい名作家具と一緒に暮らす喜びをあなたにもぜひ味わって頂きたいと思います。

本土の常識は沖縄の非常識

2012.02.15 沖縄建設新聞 建設論壇

平成24年度の建設論壇に参加させてもらうことになりました。
論壇というほどの論文が書けるとは思いませんが、沖縄の気候風土と建築について、また、そのデザイン等についての私見を多少綴ることでお許しいただきたいと思います、建設記事を読む合間に気分転換で読み流して頂ければ幸いです。

さて、私は沖縄で設計をしていて、時折想うことがあります、それは、「本土の常識は沖縄の非常識」ということです。それは気候風土に起因することが多々あるようです。特筆すべきは。熱環境の違いでしょう。本土では、九州でも夏場の35~36度から冬場の最低気温は0度近くまで下がります。それに比べて、沖縄では、夏場に32~33度、冬場でも最低気温が10度を割ることはめったにありません。月別の平均気温で比較すると年間の気温差は12~13度の違いでしょうか。つまり冬暖かく一年を通じて温暖であるという事です。何をいまさらと思うかもしれません。しかし、建築基準法が全国一律のせいでしょうか、沖縄では全く的外れな、冬場を想定した断熱の仕様が省エネ基準で求められることがあります。

家づくりで比較してみましょう。それは「高気密、高断熱の家」という仕様です。冬場に温めた室内の暖気を外に出さないようにする、魔法瓶のような家です。冬季の気温が低く、内外の温度差が20度または、それ以上になる本土では、省エネルギーの観点からもそれは、必要な仕様です。また、熱の出入りの大きな開口部は、できるだけ小さくして気密性を高める必要があります。

しかし、沖縄ではどうでしょう。冬場温暖で外気温との差があまりなければ、断熱はそれほで必要とされません。壁面を通じて暖気が外へ移動するほどの温度差がないからです。沖縄で必要とされる断熱は、むしろ夏場に対してでしょう。それも気温自体が高いというよりも、強烈な太陽光によって温められた屋根や壁面が熱を持ち、それが室内に入り込むことを避けなければなりません。特に沖縄では、コンクリートの住宅が主流です。熱容量の大きいコンクリートは温まると冷えにくい性質を持っています。それは、強い太陽光をいかに遮断するかにかかって来ます。

断熱というより、遮熱という概念に近いでしょう。断熱が寒さに耐え、体温を保持する為にセーターを着込むとすれば、遮熱は、太陽の熱をさえぎるように、日傘をさすものだと思います。つまり、日傘は、家の屋根になります。しっかりと断熱した大きな屋根をかけることで日影を創り出すことです。沖縄の赤瓦の民家をみると真に大きな影を創り出しています。そして、軒先を涼しげな風が吹き抜けています。実に風土に合った合理的な造りをしていると想います。大きな屋根や深い庇をかけ、そして出来るだけ大きな開口部を設けて風を抜く工夫がされています。

しかし近年の沖縄の住宅の外観にその特徴があまり見られないのはなぜでしょう。市街化が進み敷地に余裕がないことで、平屋建てができないことや、プライバシーやセキュリティの問題等、色々な事情があるかもしれません。庇の1mを越える部分からは、建ぺい率に算入されるからです。でも、深い庇が建物の四周に回らないのは建築基準法に原因があるのかもしれません。特にマンション等の集合住宅に至っては、建ぺい率や容積率がそのデザインを決定づけるものです。2mの奥行き持った庇やバルコニーが周囲にあれば、ゆったりと大きな開口を設けることも可能でしょう。そして、そこは古民家のアマハジのような半外部の空間として有効に利用することができます。雨の日も開けっ放しの、風通しの良い日影空間を持った建築が出来上がります。沖縄県内独自の庇に配慮した建ぺい率の緩和が望まれます。

次に、屋根面の断熱について考えてみましょう。赤瓦は美しい沖縄の風景を創り出しました。赤瓦は、素朴な沖縄の風土が生み出した素晴らしい建築材料です。でも、現代では、コンクリートの屋根に代わりました。また、マンションなどの高層の建物も多くなりました。その屋根に赤瓦を載せたのでは少し違和感があります。では、21世紀の新しい沖縄の屋根を葺くのにふさわしい材料は何でしょう。私は「緑」だと思います。屋上を緑化するのです。屋上緑化には優れた断熱効果があります。また、コンクリート構造物の密集する都市部では、ヒートアイランドの防止のためにも緑化は有効な手段です。その上、景観的にも潤いを与えます。首里の丘の上から那覇市を望むと、白々としたコンクリートの屋根群の向こうに東シナ海が望めます。那覇の街の緑化が進めば緑の草原の向こうに碧い海が広がる美しい景観が生まれるでしょう。

屋上緑化をより一層積極的に進めるには、固定資産税の減税等、何らかのボーナスを与えるといいのではないでしょうか。減税措置等の建築主にとってのメリットがあれば、それが実行に移されることはあります。美しい、沖縄らしい風土にあった街並みや、風景を作り出すには、沖縄独自の建築に関わる法律の改正や制定こそが鍵を握っているのかもしれません。沖縄の風土に合った沖縄ならではの条例こそが、美しい21世紀の沖縄の風景を創り出す源になるのではないでしょうか。

日本建築家協会沖縄支部  支部長 島田 潤

沖縄の風土にふさわしい家づくり

2012.04.11 沖縄建設新聞 建設論壇

最近沖縄県内で木造住宅の着工件数が増加しています。
コンクリートの住宅が圧倒的に多い沖縄で、木造住宅の選択肢が多少でも増えるのは良いことだと思います。

沖縄でコンクリート(鉄筋コンクリート)の住宅が増えたのは、台風やシロアリに対する脅威からだと考えられます、そして、コンクリート住宅の増加により木材の流通や熟練した大工さんが減り、ますます木造住宅の着工件数は減りました。

しかし、コンクリートの住宅が普及する中で、コンクリート住宅は暑いよいうデメリットも絶えずついて廻りました。コンクリートという材料は、前回の論壇でも述べたように、熱容量が大きい特性を持っています。それは日射により暖められると蓄熱し、冷めにくいという性質です。その為に遮熱対策を講じていないと、夏場など昼間の日射で暖められた躯体が夜になっても冷めず、室内が暑いということになります。このため、受熱面、特に屋根面と西側壁面の遮熱が必要になり対策を怠ると暑くて住めたものではありません。それは、コンクリートの特性を理解していれば当然の事です。

これに対し木材は、熱伝導率がコンクリートの1/10程度と小さく、断熱性があります。木の温もりを感じるというのは、その特性からきているのでしょう。しかし、材料強度の面ではコンクリートに遠く及びません。木構造としての強度を生み出すには、柱や筋交いの入った壁を適度に設ける等の工夫が要ります。鉄筋コンクリtート造は、木造に比べて比較的大きな空間を造ることが出来ます。それだけ開放的な空間を造り易いということになります。同時に、コンクリートの特性を考えると、断熱や日射を直接受けない工夫等の配慮が必要です。

コンクリートの住宅と木造の住宅を対比的に比較して、どちらが優れているかという話題がよく出ます。コンクリートは暑いから木造が良いとか、木造は台風に弱いからコンクリート造が優れている、という短絡的した結論は、あくまで材料や構造が持つ一般的な特性であり、総合的に優劣がつくものではありません。コンクリートの箱の中のマウスが早死にした実験を引用して、コンクリート造は良くない等の意見には、どうしても違和感があります。より沖縄の風土にふさわしい家づくりの工夫を積み上げなくてはいけないと思います。

沖縄の伝統的赤瓦のの民家は木造です。それは、軒を低く抑え、寄棟の屋根を漆喰で固めた赤瓦で葺き、四周に石垣を巡らせ、フクギの防風林を植えた、複合的な要素の集合で台風に備え、開放的な風通しのよい優れた住まいを成立させました。そこには、長時間強烈に吹き荒れる暴風雨に対して、むき身の木構造だけで自然に向き合うのではなく、幾重にも工夫を凝らした家作りの知恵が結集しているのです。材料の特性を理解し、その欠点を他の方法で上手に補完し合い、成立させることが必要です。今、鉄筋コンクリート造という工法がが広く流通している沖縄だからこそ、コンクリートと木の特性を活かした、安全で快適に住むことのできる「沖縄型の住まい」造りを目指したいものです。

マンション等の集合住宅の計画手法として、スケルトンインフィルという概念があります。スケルトンインフィルとは建物をスケルトン(躯体・構造)とインフィル(内外装。設備)に分けて考える建築の設計手法です。つまり、耐用年数の長い構造体と、その中の間仕切壁や内装、設備を分けて考える事で、構造である躯体を変更せず、また解体することなく内装や設備を自由にやりかえることの出来る計画です。

さて、この概念を戸建の家づくりに応用してはどうでしょう。建物の外側は耐久性のある強いコンクリートで造り、コンクリートには充分に受熱を防ぐ配慮を施します。内部は温かみのある木造で造る。コンクリートと木の長所を取り入れたハイブリッドな住宅です。例えば、2階建ての住宅を建てる場合、コンクリートで2層吹抜けの大きな空間を造ります。その内部に木組みで木造の内部空間を挿入します。外部は台風、地震に耐える耐久性の高い鉄筋コンクリート造で、内部にはきの温もりのある、やさしい木造の住空間が生まれます。木造空間は比較的に作り替えることが容易です。間仕切りや内装を変更して設備を更新すれば、また新しい住宅として生まれ変わります。

こうした丈夫なコンクリートの構造体を保ちながら、内部をライフスタイルや家族構成の時間的変化に追従できるようにすることで、何世代も住み続けることができます。社会的ストックとしての、長寿妙な住まいが出来上がります。木造、鉄筋コンクリート造と構造材料によって工法を決めるのではなく、それぞれの特性を生かし、お互いの材料、工法の利点を生かした沖縄特有の亜熱帯の気候風土に合った「沖縄型の住まい」を普及させたいものです。それが新しいかたちの沖縄の民家となり、南国らしい美しい町並みを創りだせればと思います。

日本建築家協会沖縄支部  支部長 島田 潤