クニンダテラス

~歴史と未来をつなぐ丘~

第3回沖縄建築賞 正賞

第19回那覇市都市景観賞

クニンダテラスは、那覇市の中心街近くに位置する松山公園や中国式庭園の福州園等の公園施設を積極的に利用するための文化交流施設である。琉球王朝時代の交易を支えた久米村(クニンダ)の歴史、文化に触れる事ができる「歴史展示室」利用者が多目的に使える「アマハジテラス」や「交流室」そして「レストラン」が併設されている。

敷地は、空港から那覇うみそらトンネルや、若狭バースの、大型クルーズ船の停泊施設、そして、波の上ビーチという、海と那覇の中心市街地を結ぶルートの中間に位置する、極めてシンボリックな場所である。我々は、そこに福州園の緑に緩やかにつながる、丘の建築を提案した。松山公園とそして福州園をつなぐ、緑の丘である。

福州園へ緩やかにつながる丘(施設)が、地域に緑豊かで、良好な環境を創り出す。小高い丘から、松山公園、市街地、波の上の海を見渡すと、この丘の建築が緑の拠点であり、まちを再発見できる場所となることを、実感する。そこには緑陰があり、風が吹きぬける、ここちよい散歩道や、付近に集う人々の、ランチやディナーの場所となり、憩いと交流の場となる。
It is for promoting to use nearby park facilities such as Matsuyama park and Chinese garden of Fukushuen in Naha city.
It has an adjoining exhibition room pertaining to history which we can understand Kuninda culture and contribution under the Ryukyu dynasty.
Amahaji terrace and lecture room are used for many purposes. Also restaurant are placed to the hill.

It locates at the symbol place nearby Umisora tunnel from airport, Wakasa berth for cruise ship and Naminoue beach, where placed between the sea and the city center of Naha.

This work proposed ”Architecture of hill ” which will become the Matsuyama park and Fukushuen one with nature.
Its nature facilities will improve making a bountiful place in the region.
The hill commands Matsuyama park, Naha city, Naminoue beach, and realize the hill is based in green, and possible to rediscovery the city.
There have shade of trees, comfortable promenade which has light breeze, lunch or dinner restaurant for neighbor. It will become the recreation and relaxation place.