M-Hause

首里の丘の上に建つ2世帯住宅です。
道路に面した北側の眺めが良く、浦添の市街地を一望して遠く東シナ海を望む事が出来ます。その眺めを楽しむために北側をガラス面で構成した事が建物の外観を特徴づけています。
一回のご両親住居と2階の子供世帯の住居との間には、お客様を玄関に導く外部空間の他に南側の庭先に2世帯の居間を結ぶようにプライベートなもうひとつの外部階段を設けました。それは、お互いの庭先をタテにつなげる踏み石の役目を果たします。
また、もう一つの特色は、2層大きな鉄筋コンクリートの吹き抜け空間の中に木造床組の3階を作っている事です。室内に入ると木の香りのする暖かみのある木造空間を体感できる事でしょう。
There have a high ceiling by large reinforced ‐concrete and three-story of wood flame, that's the characteristic of the work.
Into the room, tree scent and warm atmosphere by wood could be felt.