新都心アパート

共同住宅でも、住まいとしての快適さと、暮らしを楽しめる住空間の実現を試みました。
3面が外部に面するように住戸に配置することで、自然の光と風を室内に取り入れます。
暮らしの中で、外部空間を積極的に活用できるように木製デッキのバルコニーと、物干し等に利用するためのサービスバルコニーの2種類のバルコニーを設けています。
対面式のキッチンや水周りに機能的な収納を設けるなど、住宅設計で培ったノウハウを生かした住まい創りを心掛けました。